MENU

横浜で包茎手術を受ける際の病院の選び方

包茎は放っておくと、様々な面で悪影響があります。そうした悩みから改称されるために、包茎手術を受ける人もたくさんおります。しかし、包茎手術を行う際には様々なクリニックがあり、技術や対応などもバラバラです。中には適当に病院を選んでしまったために、後悔する人もおります。そうなる事が無いように横浜での包茎手術を受ける際の病院の選び方についていくつかアドバイスをします。まず、医師の手術の技術や経験が十分であるかどうかを調べた方が良いです。経験や技術が十分でないと手術をした時に違和感を覚えたり、手術跡が目立ってしまうという事もあります。そうした事は医師の説明がきちんとしているかどうかなどでもある程度は判断できます。何か不審に思ったのであれば避けた方が良いです。そのほかに、値段がしっかりしているところを選んだ方が良いです。値段を曖昧にして手術後に追加料金でたっぷり請求されるなんて事の無いように、しっかりと確認しておくと安心できます。

包茎手術を受けるメリットについて

真性包茎の人の数は少ないですが、仮性包茎の人の数は決して少なくありません。仮性包茎の場合、普段は亀頭が包皮で覆われていますが、ペニスが勃起した際にはきちんと亀頭を露出することができるので、とりあえず支障を感じないという人が少なくありません。ただし、あまり見た目が良くないことは確かです。たとえば、仮性包茎であることがコンプレックスになって、友人同士で気軽に温泉に遊びに行ったりすることができないという人もいます。しかし、包茎手術を受ければ、そのようなコンプレックスから永久に解放されることができます。

 

包茎手術を受けるメリットは、単に見た目が良くなるだけのことに限られているわけではありません。普段包皮がかぶさった状態になっていると、亀頭と包皮の間に恥垢が溜まりやすくなってしまいます。恥垢が溜まるとそこが雑菌の温床になってしまう可能性がありますので、炎症を起こしやすくなります。また、悪臭が発生するおそれもあるのですが、包茎手術を受ければそのような心配がなくなります。

包茎手術の意外なデメリットとは

包茎には汚れが垢が溜まりやすい、臭いが発生しやすい、避妊具がずれやすい、早漏になりやすいなど、様々なデメリットがあります。自分だけではなくパートナーにも迷惑をかけてしまうことがあるため、男性としての自信を失わせる原因になることも少なくありません。

 

そうした包茎に悩む男性に人気が高いのが、包茎手術です。しかしこの手術にも、包茎とはまた違うデメリットが存在します。
まず最初に挙げられるデメリットは、やはり手術による痛みです。包茎手術は余った皮を切除した後、糸を使って陰茎に皮を縫合することで完了します。手術中は麻酔が使われるため痛みは感じませんが、麻酔が切れると数日間は縫合した部分が鈍く痛むことがあります。次に深刻な問題として、術後しばらく自慰や性行為を行えないことが挙げられます。一般的な手術と同じように、包茎手術でもしばらくは患部を安静にする必要があります。そのため陰茎に強い刺激を与える自慰や性行為は、医師からの許可を得るまで行うことはできません。

 

痛みや自慰は自分が我慢すれば良いだけですが、性行為に関してはパートナーの協力も必要になります。後々パートナーとの不和を引き起こさないためにも、手術を受ける際は一言相談してみることをおすすめします。

更新履歴